読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり時間帳

ノリでノマドワーカーとか始めてしまい、痛い目にあっているところ。


市販の「白髪染め」を使って、黒髪を長い期間キープさせる方法

メンズビゲン ワンプッシュ 7 ナチュラルブラック【HTRC2.1】

僕は、23歳の頃から10年くらい白髪染めをしています。
さすがに真っ白けっけというわけではないですが、よく見ると白髪がかなり多いのです。

過去に、美容院で白髪染めをしてもらったのは2回だけ。それ以外は全て市販の液剤を買ってきて、自宅で行なっています。それでも最近行ってる美容院では、「自分でやってるの? 上手いね」なんて言われたりするので、やり方としては間違ってないのだと思います。

そんな僕が、以前、「白髪染め」について美容院で教えてもらったことがあるので書いてみます。

 
数年前、美容院で白髪染めをしてもらったとき、こんなことを言われました。

「カラーリングと違って白髪染めは、市販の液剤使うのと、美容院でやるの、ほとんど変わらないんですよ」

これはちょっと衝撃でした。美容院ならではのテクニックもあるだろうし、液剤とかも良いやつを使っていそうだから。聞けば、白髪染めの液というのは各メーカーだいたい同じで、髪に対して相当な負担をかけるには変わりないのだと。

「ただね、違うのは“使う量”」


そう。白髪染めって、髪の毛を薬漬けにする作業らしいので、たっぷりたっぷりと液剤を付けないといけないらしいのです。

一般的な男性の髪型で1箱使い切るくらいが妥当。市販の液剤を買うと、「何度でも使える」みたいなことが書いてあるけど、本当はそんなんじゃ足りないらしい。足りないから、すぐ落ちてくる。んで、またすぐに塗り直す。それを繰り返すと、めちゃめちゃ髪が傷む。

僕は、だいたい国分太一くんくらいの髪の量です。(良い例えか知らんけど)

それでも、2ヶ月に一度ほど市販の白髪染めを買ってきて1箱使い切る。割と頻度としては少ない方らしいので、美容院の人いわく、そこまで髪が傷んでいないらしい。

個人差はあると思うけど、白髪染めに納得いってない人は1箱使い切ってみては?